看板の種類

屋上広告サイン(塔屋看板)

一般的に塔屋看板といわれるビルなどの建物の上に設置をされている写真のような大型の看板を指します。
大型の印刷物を貼付けたり、立体の文字やLED の電飾を施したものなど形態は様々ですが設置の費用が高く、大手企業の広告もしくは自社ビルの屋号として用いられる事の多い看板です。

ポールサイン・自立看板

コンビニやデパートの前でよく見る大型の看板を指します。
歩いていても車に乗っていても見えやすく遠くからでもそこに店舗がある事をしっかりと表す事は出来ます。
設置がかなり高額なうえ場所を確保しなければ建てることが難しいので大型の店舗やチェーン店に多くみられます。

壁面サイン・ファサード看板

建物の壁面や店舗の入り口の上部に設置されるサイン。
人が見る場所に設置する看板なので屋号を表示するのが一般的です。
壁面サインはプレート状の看板を直接壁面に貼ったり、立体文字のようにロゴなどを特注で作成して取付を行ったりします。
ファサード看板に関してもプレート状の看板をそのまま貼付ける事もありますが、夜になるととせっかくの屋号が見えなくなってしまうのでスポットライトをあてたり、内照式のものが多いです。
大きさも自由に選べるキット品が一般的なので店舗に合わせ看板の作成が比較的簡単に行えます。

チャンネル文字

チャンネル文字とは別名箱文字とよばれステンレスの板に加工を施して立体感を出した文字を指します。
通常の平面の看板に比べ厚みなどの立体感があり、取り付けるだけでオリジナリティの溢れたインパクトのある看板として圧倒的な存在感を演出する事が出来ます。
立体ですが中が中空になっているため軽量で、取り付ける事によっての壁面の負担は少ないです。
中にLED を取り付けて更に印象的な看板に仕上げる事も可能です。

突出・袖看板

これらの看板は建物の壁面に取り付けるもので人の身長よりも高い位置に取り付けられるのが一般的です。
正面からは看板の内容を見る事が出来ないのですが、道行く人どちらからでも見る事が出来るため思っている以上にアピール力もある看板です。
中に電気がはいっていないものもありますが夜でも視認性がいいようにはいったものが一般的で、壁面にまで電源を引っ張っておけば既製品のものはコンセントをさすだけで電気をすぐつける事が出来ます。大型な割に手頃なものが多いのも特徴です。
通行の方にももちろん邪魔になりません!

お問い合わせ

ご気軽にお問い合わせください